MCプレート加工ユニットから板金ユニットへのVA,VEでは剛性不足を曲げ加工+リブ部品追加で対応

VA,VE設計コンサル

フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話

プレート加工をMCから板金+曲げ&リブで補強


当社独自の6種類の要素によるコストダウン・品質改善・納期短縮化

加工工法最適化
加工工程最適化
材料最適化
部品削減化
形状最適化
軽量化

MCプレート加工から板金形状+強度はリブ加工で工数削減


MCプレート加工から板金加工+リブで強化

装置ユニットは剛性が命!全体的にがっちりした構造
ですが場所に寄りけり。板金化の道を探ります

MCプレート加工は4面加工+深掘り加工、穴加工等で加工工数が多くコストがかかります。板金化の可能性を探ります。
板金化の可能性は強度にもあるので此処では強度対策に焦点を当ててみます。
VA,VE内容:プレート同士の組み込みは精度維持が出来ますが、板金加工では精度、強度が落ちます。ここでは精度、強度を少々落ちてもOKと言う前提で考えています。
現状把握

MCプレート材加工の改善

現状把握で対策を考えてみます。

プレート同士での組み合わせでは双方共に6F加工でがっちりと直角度が出ているのでユニットでの精度が必要な場合にはMC加工に勝るものは無いです。
さて、では直角度の精度を緩める事が出来そうな場合を考えて見ましょう。
板金加工での対応で何処まで出来るかの検証

板金形状+曲げ&リブで強度

板金加工では強度保持が少々難しい事への対応

板金加工の特徴は打ち抜き、曲げ加工。曲げ加工とリブ部品を取り付けて強度はそこそこ対応出来ます。
曲げ加工はL型、更にコの字にすると強度が増してリブ部品を取り付けるとがっちりです。
MCプレート加工から板金部品への総括

MCプレート加工から板金加工へ改善でコストダウン

ユニットで要求される精度に合った加工を選択

組み込んだ状態で精度を要求されるならMCプレート加工ですが、精度を緩められるなら板金加工も考慮出来ます
独立した状態のユニットに向いていると思います。

ユニット構造物に於いてもMCプレートから板金構造に転換する事も可能と思います。
軽量化も出来て強度補強はリブ構造も参考になります。
横ブロック
3点構成部品を一体化

元祖複数ブロックの一体化、MC加工部品削減でコストダウン(ロスト化、鋳物化)

一体化を分割化して加工性を上げてコストダウン

MC加工部品分割化で加工工数の大幅な削減でコストダウン

後付け部品を一体化

LSプレート、センサープレート等を一体化させる事でコストダウンが行える方法

加工代の多い部品は材料検討を行って加工工数削減化

SS材・SUS材の部品の問題は加工性が悪いと言う事と考えた場合の解決方法

カバー取り付けネジを爪に変更して組み込み工数削減

小ロット生産と大量生産のユニット組付けで違う点にあるねじ止め、爪で引っかけての締め付け方法

MC加工プレートを板金形状に変更でコストダウン

MC加工→板金化(剛性維持で部品点数削減&工数削減化によるコストダウン)

プレート加工を板金形状でコストダウン

MC加工→板金化(プレート材から板金採用時の問題点である強度不足を補う)

強度を維持する事と軽量化対策の同時改善

MCブロック軽量化方法選択加工(材料&形状改善の問題点を最適化)

6種類の要素を元にお客様の求めるコストダウン・品質改善・納期短縮化最適設計を提供します。
製造メーカー様よりの問い合わせをお待ちしております。

フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話


Copyright (c) 2018, Funak's Engineering Inc, All rights reserved.
有限会社 フナックス・エンジニアリング 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-2-3  Tel:03-5394-1970 携帯:080-3527-1950


PAGE TOP