VA,VEによる最適化設計構想で製缶加工→板金化をおこないコストダウン成功

VA,VE設計コンサル

フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話

MCブロック加工から板金化


当社独自の6種類の要素によるコストダウン・品質改善・納期短縮化

加工工法最適化
加工工程最適化
材料最適化
部品削減化
形状最適化
軽量化

製缶加工→板金化(剛性の必要なユニットも板金曲げ加工の採用)


製缶形状から板金形状へ
BOXユニットで骨組みを製缶アングルで構成してカバーを板金と言う構成は良くある手法ですが、此処では板金加工で同等ユニットを考えます。
形鋼材と同等形状に合わせて曲げ、組み込み加工で解決を図ります
左側のBOXユニットは標準型の骨組みをアングルで構成し、カバーは板金です。右側は骨組みもカバーも板金としています。アングルの代わりに四隅を板金曲げ形状で形成し強度を上げています。これによりアングル構造とカバーを一体化させて加工工数を大幅に削減する事が出来ます。
形鋼材形状を板金加工で製作した場合のサンプル事例の紹介

製缶構造を板金形状にすると
剛性、強度の要求度に応じた加工工法の選択で最適化を計る事が出来てコストダウンへと行く事が出来ます。
形鋼材と同等形状に合わせて板金曲げ、組み込み加工で解決を図ります
製缶構造の基本のサンプル事例紹介

筐体は形鋼材による構造が多いです
製缶加工では材料取り、穴位置、形状と精度は板金と比較して落ちます。その分、組み込みにも支障が出る事があります。
製缶構造にあるメリットを考えて選択する事が良い事です
板金曲げ構造のBOX構造のメリット紹介

板金折り曲げ構造で強度アップの筐体
板金加工で同等ユニットを考えます。
そのメリットが実際に仕様に見合った内容になるか否かをよく考えてVAを行える様にしたい物です。
板金加工での仕上げには塗装仕上げでもメリットが出ます。
形鋼材では鋳肌が雑である事と厚みがある為焼き付け塗装が難しいですが、板金材料ではこの点が解消されて綺麗な塗装面を得られます。

製缶構造の特徴である剛性はそれほど要求していない場合でもアングル、チャンネル材で製作する場合もありますが、
精度、公差、生産性を考えると板金形状にメリットが出ます 。

6種類の要素を元にお客様の求めるコストダウン・品質改善・納期短縮化最適設計を提供します。
製造メーカー様よりの問い合わせをお待ちしております。
横ブロック
角パイプ使用から板金一体化でコストダウン

板金加工→段取り削減化(使用材料の統一&削減でコストダウン)

ブロック部品ユニットから一部を板金化でコストダウン

SS材ブロック形状のユニットの軽量化、加工工数削減を考慮する上で有効な手段に板金化!

ブロックユニットから板金ユニットでコストダウン

MC加工→板金化(仕様に合わせた剛性、形状、最適加工方法選択)でコスト改善

アングル構造と板金構造の違い

製缶加工→板金化(剛性の必要なユニットも板金曲げ加工の採用で工数削減・精度アップ)

同形状ユニットが複数ある場合のコストダウン

複数ユニットを一つに合成させる事が出来ると大幅な工数削減、部品削減すなわちコストダウン


フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話


Copyright (c) 2018, Funak's Engineering Inc, All rights reserved.
有限会社 フナックス・エンジニアリング 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-2-3  Tel:03-5394-1970 携帯:080-3527-1950


PAGE TOP