VA,VEによる最適化設計構想で切削MC加工→板金化をおこなうコストダウン手法

VA,VE設計コンサル

フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話

MCブロック加工から板金化


当社独自の6種類の要素によるコストダウン・品質改善・納期短縮化
MCブロックユニットを板金ユニットに改善して大幅なコストダウンが行えるVA,VE手法

加工工法最適化
加工工程最適化
材料最適化
部品削減化
形状最適化
軽量化

MC加工→板金化(仕様に合わせた剛性、形状、最適加工方法選択)


剛性のあるMC加工ユニットを改善
本画像はリフターユニットを想定しています。ブロック形状でのM/C加工を仕様に合わせた剛性、軽量化を考慮した最適加工方法の選択です。
ブロックに負けない板金形状は曲げを旨く活用です。
カム機構による上下機構ですが、求められている剛性以上に仕上がっている現状を最適化してコストダウンを行える事を考えてみます。
仕様に合った最適形状を考えて見る

MCブロックユニットを板金形状に
Aはbefore、Bはafter。MCブロック加工で構成されたユニットをコストダウンを目的に最適化してBへと至りました。
要求されている事は強度、使い易さ、コスト。
周りで使用している材料、形状はSS材、MC加工で「右に倣え式の設計」でコストアップになっていた物を最適加工工程を選択する事で解決を図ってみます。
オリジナルユニットの形状を徹底解剖

MCブロック加工形状分解図
全ての部品は摺動ユニットで高精度になっている為高価格になっています。
摺動部分を改善する事が改善の第一歩に繋がりそうです。
VA改善後のユニット構造を説明

MCブロックユニットを板金化の分解図
高価格部品であった摺動部ユニットを板金構造+簡易型摺動に改善。
コストダウンの第一歩であるABC分析で高価格部を重点的に改善。
摺動部品のブロック、カムを簡易型に改善出来ている事が大きな改善と思います。

高価な部品であるベースプレート、カムの改善によるコストダウン

高価部品を板金化でコストダウン
中心部品であるベースプレートは板金曲げ構造に置き換えてカム構造も簡易型に変換。
組み込み、調整も簡単になり此処でも工数削減化でコストダウン。

剛性を求められているはずのユニットでも実際に再考してみると結構板金形状でも行ける時はあります。
コストに見合った剛性を求める事も大事と思っています

6種類の要素を元にお客様の求めるコストダウン・品質改善・納期短縮化最適設計を提供します。
製造メーカー様よりの問い合わせをお待ちしております。
横ブロック
角パイプ使用から板金一体化でコストダウン

板金加工→段取り削減化(使用材料の統一&削減でコストダウン)

ブロック部品ユニットから一部を板金化でコストダウン

SS材ブロック形状のユニットの軽量化、加工工数削減を考慮する上で有効な手段に板金化!

ブロックユニットから板金ユニットでコストダウン

MC加工→板金化(仕様に合わせた剛性、形状、最適加工方法選択)でコスト改善

アングル構造と板金構造の違い

製缶加工→板金化(剛性の必要なユニットも板金曲げ加工の採用で工数削減・精度アップ)

同形状ユニットが複数ある場合のコストダウン

複数ユニットを一つに合成させる事が出来ると大幅な工数削減、部品削減すなわちコストダウン


フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話


Copyright (c) 2018, Funak's Engineering Inc, All rights reserved.
有限会社 フナックス・エンジニアリング 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-2-3  Tel:03-5394-1970 携帯:080-3527-1950


PAGE TOP