2次元図への特殊寸法指示、使用材料名掲載等情報掲載で加工最適化のお手伝い

VA,VE設計コンサル

フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話

特殊図面には注釈を入れると現場は楽です


当社独自の6種類の要素によるコストダウン・品質改善・納期短縮化

加工工法最適化
加工工程最適化
材料最適化
部品削減化
形状最適化
軽量化

設計(特殊寸法表示方法改善)


特殊寸法指示は説明を入れると加工性が良くなります

特殊寸法指示には注釈が必要な時もあります

赤印で囲っている部分は曲線指示をしているのですが「エクスポネンシャル曲線」と言う指示があります。しかし、この曲線は非常に特殊な物で加工に関わる人でこの曲線を知っている人はほとんどいません。
基本的には曲線のX.Y寸法テーブルを表示することが理想だと思います。
VA,VE内容: 図面に特殊寸法指示がある場合には注釈を入れる様にして理解出来る様にします。
使用材料の材料寸法を書いて材料手配をスムーズに

使用部品材料の寸法を入れておくと仕事がはかどります。

図面上に材料寸法を書き込む場所を確保すると加工者が楽になります。


本図の様に製缶加工の場合には使用する材料が多く材料取りに時間がかかる事が多くあります。またMC加工に於いても材料寸法が書かれていると材料取りを間違いなく行えます。
材料寸法を書くと言う事は重量計算にも反映出来ます。
加工工程に於いても材料寸法が分かっている事は見積もりも早く出来、加工工数全体でも短く出来る事となります。
推奨出来る類似部品の取り扱い方、

類似品には注釈で類似品の存在を書いておくと良いと思います

ブランク寸法は同じ、カット位置、カット形状のみが違う部品に対する表示があると加工者は意識します。


本画像にある様に図面上に類似部品名、違う点等を注釈として書いてあると加工者側は製作時にこの点に注意して製作出来るのでコストダウン、納期短縮に役立てることが出来ます。
設計者が違って類似部品を設計する時が一番難しいので内規で注釈を入れることの決め事が出来ていると良いと思います。

2次元図には寸法指示並びに注釈も大きな加工改善に繋がる事があります。

6種類の要素を元にお客様の求めるコストダウン・品質改善・納期短縮化最適設計を提供します。
製造メーカー様よりの問い合わせをお待ちしております。

横ブロック
特殊寸法指示の表示方法

図面を書いている中に於いて特殊な指示をおこなう寸法等の表示方法

図面の書き方

図面を書く上で加工し易くミスを犯さないで済む寸法指示、表示方法

品質過剰部分の改善でコストダウン

不良率を下げる為の寸法変更で考慮すべき大事な点(コストダウン&加工性)

焼き割れ不良削減でコストダウンコストダウン

不良多発部品で図面に問題がある場合の対処方法

類似部品の取り扱い方

類似形状の取り扱い方次第でコストダウンに繋がる事もあればコストアップになる事も?

VA,VEに対する心得

品質・納期・価格改善の為に必要なVA、VE手法満載

有限会社 フナックス・エンジニアリングの会社概要

フナックス・エンジニアリングへのメール
フナックス・エンジニアリングへの電話


Copyright (c) 2018, Funak's Engineering Inc, All rights reserved.
有限会社 フナックス・エンジニアリング 〒170-0001 東京都豊島区西巣鴨1-2-3  Tel:03-5394-1970 携帯:080-3527-1950


PAGE TOP