類似品、同等品の取り扱い方でコストダウン

2015年04月05日(日)

類似品、同等品の図面をどのように管理するかでコストダウンが出来る、出来ないが決まるケースがあります。
類似品、同等品もそれぞれが認識し合うことが出来ればコストダウン効果も上がると思います。
下記ビデオでその方法を紹介しています。

上記の様な形状ですと設計者が違うと部分的に微妙に寸法が違ったりして加工工数の短縮が出来ないこともあります。
しかし此処で類似品、同等品の場合の決め事を設けておくとある一定の形状までの加工を同時に行えて加工段取り、工数削減に繋がることがあります。

常にこの様に取り組んで行く事でコストダウンが旨く運ぶこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容