品質過剰にならず、最適品質構築でコストダウン

2015年04月02日(木)

加工の難易度により品質(此処では公差)をどのように入れるかでコストダウンの幅も変わってきます。
此処では最適公差を設ける事により加工の手離れの良さを追求してコストダウンになる方法を紹介します。
下記ビデオで紹介しています。

加工業者との打ち合わせ次第で要求される品質も理解されてコストダウンに繋がる方法も見つかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容