M/C加工でブロック加工をおこなう際に分割ユニットを一体化させてコストダウン

2015年03月29日(日)

分割化された形状で加工工数大によるコストアップを解消させる手段として一体化させる方法があります。

分割形状から一体化でコストダウン

下記YouTubeで紹介しています。

加工工数大となっている要因を掘り起こして品質アップ、加工工数削減をおこなえる方法を考えていくと答えが出てくると思います。
此処ではスリット形状を構築させる為に割り箸形状の部品を複数組み上げて構築していましたが、割り箸形状(キー形状)の部品加工に想定以上の加工時間がかかり大幅なコストアップになっていました。

これを解決させる為に一体化での加工で解決させる様にしている訳です。

ブログ管理者のホームページです。
VA,VEによるコストダウン事例を多種掲載してあります。当社のVA,VEによるコストダウン事例集のサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容