M/C 加工でスライドでストッパを構築する際の形状を複数紹介しています。

2015年03月29日(日)

スライドさせて突き当てでストッパを構築する際には複数の形状があり、それぞれ使い道により分けるべきと思います。

仕様に対応する形状も色とりどりでコストダウン

下記YouTubeで紹介しています

コストと仕様を見極めていくと最適設計が見えてくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容