板金部品で同形状品を多数取り付ける際のコストダウン

2015年03月28日(土)

板金ユニットで同形状品を複数取り付ける際にどのような形状にするかでコストダウンの幅が変わります。
此処では複数の手法を紹介してその効果を検証しています。

下記YouTubeで紹介しています

下記YouTubeで紹介しています

ねじ止め、リベット止め、曲げ加工を駆使して一体型とそれぞれメリットとデメリットが同居しています。
仕様に基づいて最適設計を選択してコストダウンに貢献しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容