@ITMONOistへVA、VE記事の投稿 第6弾(鉄鋼から別の材料に変更してコストダウン)

2015年02月20日(金)

10月8日:@ITMONOistへVA、VE記事の投稿
今回のテーマは「鉄鋼から別の材料に変更してコストダウン」としました。

一般的に装置関係では機構部品はSS材を使用する事が多いと思います。
その根拠はズバリ「丈夫で長持ち」にあると思います。

確かに装置、特に自動機に関しては10年、15年と使ってもくたびれない、機能は新品時と同等を要求されています。

その為に使われる材料は耐久性のある物に特定されていると思います。
しかし、装置全体の中から見ますと重要な部分、耐久性の必要な部分とかとそれほどの強度を要求されていない機構もあると思います。

その点を考慮すると重厚な強度を要求されている装置でも機能だけを満たしていれば良いと言う事も出てきます。

今回はその点に重点を当てて機能解析をおこない、コストダウンへの道を切り拓いてみました。
http://monoist.atmarkit.co.jp/fmecha/articles/vave/06/vave06a.html

ブログ管理者のホームページです。
VA,VEによるコストダウン事例を多種掲載してあります。当社のVA,VEによるコストダウン事例集のサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容