SS材、SUS材からアルミ材、樹脂材へ変更で材料最適化→コストダウン

2015年04月12日(日)

SS材、SUS材は加工性が悪く加工時間がかかる、すなわちコストダウンを行う事が難しい材料です。
此処で剛性を要求されていないユニットなどに使用されている部品に於いて加工し易いアルミ材、樹脂材を検討してコストダウンに結びつけられる方法を説明します。

SUS材、SS材からアルミ材、樹脂材へ変更して加工工数削減

切削加工は切削量が多いほど加工時間がかかると言う事ですので後は切削性が良いほど加工時間は少なくて済むと言う事を前提に考えて行くと良い答えになると思います。
上記サンプル形状はシンプルですが、切削量が全てと言って良いと思いますので形状で判断して強度がそれほど要求されなければ進めるべきと思います。

ブログ管理者のホームページです。
VA,VEによるコストダウン事例を多種掲載してあります。当社のVA,VEによるコストダウン事例集のサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容