大パネル類の強度補強で品質改善&コストダウン

2015年04月12日(日)

大型パネルになるとたわみで不安定になる為余分な強度補強をすることが多くあると思います。
それによりコストアップを引き出してしまうことも多々ありますが、此処では多種ある強度アップの中で最適強度アップを考えてみたいと思います。

上記の中で上のパターンは標準的な強度アップでL型プレートを溶接しています。

上記ではL型プレートの板金加工を省いて角パイプに改善しております。板金加工の一工程を省いた点は評価出来ると思います。

部品削減の観点からパネル内で梁出しを入れる事にすると部品削減&強度アップに繋がるともいます。
小ロット生産品の場合パネルにL型プレート型プレーとを溶接することが最も一般的と思いますが、リピート生産の場合にはコストダウンの可能性を探ることが大事と思います。

ブログ管理者のホームページです。
VA,VEによるコストダウン事例を多種掲載してあります。当社のVA,VEによるコストダウン事例集のサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容