ユニット内での加工工程、材料選択でコストダウン

2015年04月10日(金)

一つのユニット内で使用されている材料を統一することはコストダウンに繋がることですが、それだけではありません。
加工工程によってはあえて加工工程を変えた方がコストダウンになることもあるので形状を見極めることが重要になります。
此処ではその様なサンプル事例を紹介します。

この様に周りの部品が強度のある部品ばかりですと付属品も強度があった方が良いとか、加工工程を変えなくて済むので楽だとかの理由で同一材料、形状を選択するとかえってコストアップに繋がってしまいますので注意が必要です。

ブログ管理者のホームページです。
VA,VEによるコストダウン事例を多種掲載してあります。当社のVA,VEによるコストダウン事例集のサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容