生産数量により鋳物型よりプレート加工の方が有利な場合もあり

2015年04月10日(金)

異形状であったり、同等ユニットで鋳型を起こしていると言った理由で鋳物にしてコストダウンをしているつもりが再検証してみるとコストアップになっていることもあります。
鋳物は数量に寄るところが多いので注意が必要です。
此処ではそんなサンプルを紹介します。

鋳物型よりプレート加工の利

鋳物型よりプレート加工の利

珍しい事例ですがコストダウンを考えて行くには加工工程、工数をよく考えて決める事が大事です。

ブログ管理者のホームページです。
VA,VEによるコストダウン事例を多種掲載してあります。当社のVA,VEによるコストダウン事例集のサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容