不良率の削減でコストダウンを!

2015年04月10日(金)

不良率の高い部品をコストダウンさせることは難しいです。
不良が出やすい部品だと知っているのは加工者側に多く、発注者側、設計者には知られていない事もあったりするのでやっかいです。


ここでは不良の多い部品の一つを取り上げて不良率削減の方法を紹介します。

この様に不良が出る事はそれだけで赤字になってしまうのでコストダウンには消極的になってしまいますが、不良が出ない形状にすることが出来ればコストダウン対応も可能となります。

発注者、受注者双方の情報交換は非常に大切なことと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


お名前(必須)

メールアドレス(必須)

タイトル

問い合わせ内容