北丹沢12時間耐久レース完走の攻略 筋トレ、走り込み、インターバル

2015年02月28日(土)

北丹沢12時間耐久レースまであと1週間となり、もうジタバタしてもしょうが無いところまで来ました。

今年の目標として昨年まで気持ちは完走でも関門での打ち切りとなり途中で帰って来たレースを完走するのがテーマとしています。

その一環として筋トレ、走り込みの練習方法の見直しにもあります。

「筋トレ」は単にスクワット、腹筋ではなく、体感を意識した腹筋、多裂筋、腹横筋を鍛え、スクワットも大腿四頭筋、内転筋を鍛える事の出来る種類別、更に足の蹴り上げ、後ろ蹴り、腿上げ、そして中殿筋を鍛えるようにしました。

そしたらなんと40年以上も悩まされてきた腰痛、座骨神経痛から解放されてしまいました。

余談ですが、この腰痛でなかなか練習、レースでも走り切れていなかった面があったと思っています。

そんな事で筋トレの効果はかなりあると思うのですが、これらの情報はすべてインターネットからです。

一つだけ座骨神経痛から解放されたかったら腹筋しかありませんと言われたのは50肩で通院している先生からでした。

でもその腹筋方法もやはりインターネットだったので素晴らしい情報源だと改めて思っています。

今では60歳を超えたランナーなのにお腹は3段に割れて、更に最近は真ん中も割れてきているので良くある6つの温泉まんじゅうがお腹に乗っている感じです。

そして走り込みの練習には1ヶ月に走る日数、距離を伸ばしたいと思い、此処まで来ました。

今までランニングをやって11年が経ちましたがやってこなかったのがインターバル練習でした。

これって結構きつくてなかなか練習に入れる事が出来ませんでした。

3月のランナーズに書いてあったのをヒントに取り入れるようにして3ヶ月が経ちました。

やっぱり結構きついけどそれなりに効果があるように思っています。

今は家の近くの陸橋で階段の登り下り、坂の登り下りを1時間かけて強弱を付けながらシコシコとやっています。

色々なインターバル練習があるのでしょうが、今書いた陸橋での周回道路での練習では最初の内は距離を持ってやっていました。

平坦道路、坂上がり、坂下りとしていたのですが、先日より1周毎のインターバルに切り替え、そのラップタイムを記録してこれから追い込んで行きたい物と思っています。
さて、1週間で目前の目標である「北丹沢12時間耐久レース」に参加しますが、最初の1.3kmで何処まで走りきれるか、また下りで何処まで飛んで走る事が出来るのかが僕の課題と捉えています。

最終仕上げをしたら後は天命を待つのみ!です。

2011年4月25日投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]