奥武蔵高原クロスカントリーに参加してきました。

2015年03月02日(月)

11月11日、正丸峠を走ってきました。

集合場所もスタートも正丸駅前スタート地点は正丸駅のすぐ右の階段を下りてすぐです。

今回は前日は大雨、当日も早朝まで雨がしとしと降っていて何となく乗り気になりませんでしたが、4時半に起きて家の外へ出て空を見上げたら曇り空で「もうこれ以上雨は降らないだろう」と思い、準備をして正丸駅まで行きました。

今回初めて本レースに参加しましたが、このコースには「正丸峠」を走ると書いてあったので参加した次第です。
東京で育った人には懐かしい場所だと思います。
子供の頃にはこの当たりの秩父連山をハイキングをする事があった人は数多くいる事と思います。
僕もこの名前に誘われて参加した一人です。参加ランナーは登録者が353人でした。 コースは17kmでしたが、当日の天候が悪く、山の中での道が良くないと言う事で14.7kmに変更されていました。

14.7kmと言った短い距離でも山は山。結構厳しかったですね。

最初のエイド地点の3.4kmまでは普通の坂道から登山道に変わって行きましたが、スタート早々なので走って通過が出来ました。

しかし、次の5.4km迄はかなりきつかったですね。
このエイド地点に着いた時点でサポートの人からここまで来れば距離はまだあるけど半分は来た物と同じと言われ、ほっとした物です。

サポートの方に「もうこれからは下りですか?」と聞いたら、「う~ん、ちょっと登りもある」と言われましたが、気分は下りでした。

何ヵ所かは本当に登りがありましたが、今までの登りに比べればたいしたことはなかったですね。
更にどんどん下り坂になり雨の後の為、ぬかるんでいて滑るので走り方もへっぴり腰?になっていました。

途中でこの滑る坂に足を取られて怪我をした方がいました。
本当に雨の後の下りは気を付けないといけないと改めて思った物です。

そんなこんなで山の中の下りも終わり、舗装道路に出た時はもうゴールかと一瞬思ったほどです。
それほど疲れていたと言うことでしょうか?

舗装道路に出てすぐにエイドがあり、ここでは水分がフルコースで於いてありまして、僕は全て頂きした。
(水、ポカリスエット、ジュース、コーラ、紅茶でした)その後走っていてもこの水分補給がたたってお腹がダボンダボンでした・・・・・。 眉をひそめる

後何キロ?とサポーターの人に聞いたら後6kmの緩やかな下りと言われ、ちょっと意外な感じでしたね。
気持ちとしては相当山の下りを走ったと思っていたのでもう1~2kmと思っていたからです。

まあ、舗装道路での走りは山道に比べたら全然楽なのでのんびりと走りを楽しみながらゴールインしたいと思い、周りの景色を楽しみながら走っていたらそれぞれの家には立派な柿の木があり、それらの全ての柿の実はおいしそうになっていました。

6kmをのんびりと走って正丸駅のゴールに無事戻って来れました。
記録:2時間24分11秒(14.7km)

ゴールインしたら表彰式を行っていて女性の部での上位入賞者が発表されていました。
1位は1時間40分台でした。

いつも思うのですがどの様に練習するとあのように早く走れるのだと・・・・・。 無邪気

僕が出している答えはもっと体を絞って体重を落とす、走り込み、山の中での修行、鍛錬エトセトラ・・・・・。

来年の「富士登山競走」完走を目指して更に修行を積まなければならないと思ったこの日でした。

2007年11月11日投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]