村岡ダブルフルウルトラマラソン 100km 完走!ヤフー

2015年03月02日(月)

5度目の挑戦で初めて100kmの部、完走しました。

記録:13h01m09s
5klm毎の記録

5km 31:01.2 55km 42:04.1 6:43:29
10km 32:05.5 1:03:07 60km 35:17.0 7:18:46
15km 37:00.7 1:40:07 65km 31:30.4 7:50:16
20km 34:29.3 2:14:37 70km 46:20.5 8:36:37
25km 27:05.1 2:14:37 75km 47:52.5 9:24:29
30km 33:53.3 3:15:35 80km 53:32.1 10:18:01
35km 33:40.3 3:49:15 85km 38:00.4 10:56:02
40km 37:14.8 4:26:30 90km 34:46.6 11:30:48
45km 35:14.3 5:01:45 95km 57:55.3 12:28:44
50km 59:40.3 6:01:25 100km 32:49.5 13:01:09

記録自体は平凡ですがここまで来るのに5年間かかったと思うと個人的には「よくやった!」と言った気持ちで一杯です。

村岡ウルトラ100kmコース(Garmin405cx)

map3.gif
高低表(Gamin405cx): gps1.gif

過去には100km1回、88km3回、どの大会でも概ね60km当たりで失速してリタイヤと言うワンパターンで、本大会では昨年の88kmで69.1kmが最も遠くまで行った経歴なので50km~60km当たりが鬼門と心に思っていました。

しかし今回は既にブログで書いてある様にこの大会向けに 色々な取り組みをしてきていました。
筋トレ、体幹強化、陸橋を使っての階段上り下り、坂上り下りと今までに無い充実ぶりと本人は思っています。

一つ足りなかったのが現場で長距離の練習が少なかった事でそれが不安でした。
(箱根に行って走ったのは2回のみでそれも30kmでした)

しかし、走ってみるとやはり足はかなり軽く感じ昨年までの感触と違う事を実感しながら走っていました。

話が後先逆になってしまいました。

まず、朝起きると星空できれいでした。
これなら今日は晴れだろうと思い、短パンにランニングシャツの夏姿で出発して会場に行きました。
そしたら途中で道路沿いに気温が表示されていて10度と書いてあり改めて寒さを感じた物でした。

駐車場についてロングタイツを履いて長袖シャツをを着て半袖シャツを更に上に着ると言う重装備になってスタート地点に行きました。

僕にとってはこれが正解でした。
途中着替えポイントでもそのまま着替えず走りきりました。
多少、暑いと感じた程度です。

基本的に40kmまでの走りと40km~50kmの一番きつい登り、その後のきつい下り坂をどう攻略できるかと思い、3つに分けて走っていました。

40kmまでを4時間15分で走りたいと思っていましたが、結果は4時間26分であり、まずまずでした。
40km~50km~51.5kmの登りを1km10分以内で走りたいと思っていました。
昨年はここから1km10分、12分となり、そのまま下りになっても回復せずリタイヤの道となりました。

今回の大会でもガーミン405cxをつけて走りました。
ただ途中で電池切れがあった場合を考えてランナーズ時計もはめて2刀流で臨みました。
ガーミン405の良さの一つがスピードも表示されるところと思っています。
これで坂の上り、下りの時の自分自身の状態が把握できるので気持ちよく走れます。

今回は最高地点を通過すれば下りで元に戻り、腰もしんどくなってきたけれど持ちこたえる事が出来、信じられない思いです。

通常50km地点は6時間30分前後で通過していましたが、今回は6時間ちょうどぐらいで「これはひょうっとしたら完走も夢では無いかも?」なんて思い始めたのはここいらからでした。

その後の下りも結構走れて膝もそこそこの痛みだったのは信じられない気持ちで走っていました。

今までの村岡のレースではこの登りのピークと長い下りで膝もやられて走る意欲がなくなっていましたが、今回はかなり足が前に出て行く事を自覚しながら走る事が出来ました。

これは走り込みもさることながら筋トレ、体幹トレーニングのたまものと思っています。
ハーフスクワット、フルスクワット、内転筋スクワット、腹筋、太もも上げ、足の後ろ蹴り上げ、腓腹筋、腓骨筋を鍛えてバランス良く走る事が出来た事が大きな要因だと思っています。

そんな事を考えながらひ~ひ~言いながら下りも走り切れて射添会館まで着く事が出来、残り30キロを切ったと思い、これはひょっとしてひょっとしたら完走も出来るかも?なんて思ったところです。

ただ、もうこの頃には急な登りには走る事が出来なくなってきていました。

おもしろかったのは射添会館を出てから何度も登りがあり、その都度無駄な抵抗をせず僕は歩き、下りになると走ると言った事を繰り返していたのです。

そうしたら僕は登りでは他のランナーに抜かれ、下りではその抜かれたランナーたちを抜き返すと言った事を繰り返しながら95kmまで来ました。

結果的に抜いていったランナーたちの方が多かったですね。

昨年はあけぼの山荘まで来てリタイヤしました。
88kmでの参加でしたから69.1km地点でしたが、今回は100kmですから81.1km地点であり記録も10時間20分ほどで昨年の記録より良い!

これなら何とか完走出来ると言う気持ちになってきました。
今までの問題点であった腰回りの疲れによる痛みも殆どで無い状態で不思議でした。

あけぼの山荘を出て次のエイドポイントまで約10kmほどありましたがず~っと下りなので気分的にものすごく楽に走れました。
今までこれから先には走った事が無かったのでとても新鮮な気持ちで走る事が出来ました。
更に先ほども書いた様に僕は今回下りに強い様でどんどん前を走っているランナーたちを抜く事が出来たのも気持ちよく走れた要因かもしれませんね。

とことこ下りを走っていたら旧小北保育所のエイドポイントに着いていました。
僕はここに着いたのは11時間40分ほど走っての事でしたが、1番のランナーは7時間20分台と書いてあり、どう言う練習をしてくればそう言う走りが出来るのだと感心しちゃいました。
びっくり物です。

ここから後4kmほど上らなければならないのだけれど残り9kmを切った余裕でしょうか、今まで感じた登りに望む心境とは違っていましたね。
ここまで来ると間違いなく完走出来ると言う事を実感してきたので後は記録です。
ここでは13時間を切る事が出来るかどうかと言う微妙なところだったので何とか13時間を切れる走りがしたいと思ったのですが・・・・・。

気持ちよく最後の登りに向かって走り始めたと言うか歩き始めました。
約1時間かけて一二峠にたどり着き、最後のエイドステーションです。
ここに来るまで1度も休憩を取らずに走れました。
こんな事は初めて!

26カ所のエイドステーションで沢山の飲み物、食べ物を満喫させて頂きました。
ここのエイドは本当にすばらしい!
おもしろいのが「ヤクルト」ですね。
これを出すレースは少ないでしょう。

そしてあんパンは結構出ますが、あんこ一杯のまんじゅうは少ないですね。
これを食べると「村岡に来た」といつも思います。

更に「おはぎ」。
但馬大仏の長楽寺では「きなことあんこのおはぎ」が出て、もうおなかが一杯になってしまいます。
いつもマラソン大会、ウルトラマラソンを走ると体重が増えてしまいますが、ここは「フードファイター的マラソン大会」でもあります。
それほど提供してくれる食べ物は豊富、いやカロリー一杯です。

この「村岡ダブルフルウルトラマラソン」はいろいろある大会の中でも特筆すべき大会と位置付けています。

先ほどの「但馬大仏」で差し入れしてくれる「おはぎ」もボランティアの人たちのおかげです。
エイドで食べた食べ物、飲み物類:
あんこ一杯のまんじゅう、ヤクルト、カルピス、コーラ、流しそうめん、カレーライス、梨、リンゴ、ブドウ、トマト、更にコース上にあるレストランよりのエイド(今年はピザの差し入れもありました)、コース上にある個人宅よりの差し入れ等々、皆感謝感激です。有り難うございました。

本当、レースが終わった時には2kgぐらい太っています。

そんな事で感謝一杯の気持ちで最後のエイドを出ました。
エイドの皆さんも僕らが完走出来る事を分かっていて「又、来年も来てください!」と言ってくれ、嬉しい限りでした。

60km~70km当たりの一番きついところでは「88kmの部門に参加すれば良かったかな」と何度も思った物ですが、そこを通過して何とか完走出来そうな感じが出てきた時には100kmに参加して良かったと改めて思いました。

そんな思いをしながら後は下りのみで転がってもゴールに行けるところまで来ました。
最後の最後で走りながらここまでの事を考えながら走れるのは幸せの限りです。

道路上で応援してくれている方々からも「お帰りなさい!、完走おめでとう!」と言った声をかけていただき、気持ちも完走出来る喜びを感じてきます。

この大会は村岡と言う地域がおじいちゃん、おばあちゃんと言った高齢者の多い地域で応援してくれる人たちの殆どが高齢者と言う点も特色ですね。そして、小学生、中学生、高校生の方々のボランティアにも助けられてきました。

残り4kmほどの下り坂も何とか走り切れてスタート地点の村岡小学校へたどり着く事が出来ました。

小学校の校庭に入り、ゴールを切る時は最後の力を振り絞り、全力疾走!

気持ちよくゴールを切る事が出来ました。

完走万歳!

ゴール通過:13時間1分9秒

又、来年も同じ感動を味わいたい物です。

有り難うございました!

今週は筋肉痛の週です。
今週一杯で筋肉痛を癒やして又週末から走り込み開始!
今年のウルトラマラソンは大震災の影響で中止になったのもあり、これ一本でした。

でも完走でもう十分!

10月30日は「大井川マラソン」、11月23日は「大田原マラソン」、12月4日は「那覇マラソン」と待っています。
これからは普通のマラソンで体を鍛えましょう!

2011年9月28日投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]