睡眠時無呼吸症候群の審査を受けました。

2015年02月27日(金)

寝ている間に呼吸が止まる、または低呼吸になる回数を調べる検査を受けました。

俗に言う「睡眠時無呼吸症候群」です。
110713_0753~01.JPG
上記内容が検査道具1式です。
病院より一晩借りて寝ている間着用して息をしている状況を真ん中の水色の機械(携帯電話みたいです)にデータを保存して調べてもらう方法です。

ここで問題のある状況だと再度検査をしてもらうそうです。
その時には病院に一晩泊まって詳しく調べてもらうとのことでした。

僕の場合は年齢的、生活習慣病の程度で多少呼吸が止まる回数がありましたが、それほど気にすることはないとのことでした。

年に一度ぐらいの頻度で調べることが良いとのことでした。

高血圧、高脂血症、糖尿病の人は注意した方が良いとのことで僕もその中に入るのだと改めて思い知らされた感じでした。(ちょっとショックです!)

この検査を受けてみようと思ったきっかけは僕の知り合いの方が同じ年齢で車の運転中に居眠り運転に全然気がつかずに運転を継続していたことを教えていただいたことでした。

その方はたまたま同乗者が気がついて無事だったのですが、すぐにこの検査をしてかなりの重傷だったのですが、今は就寝時に酸素吸入器をつけて床に入ると言っていました。

そうすれば呼吸が止まることはなく、普通の人と同じ生活が出来ると言っておりました。

我々の年齢になると何らかの病気が潜在していていつ顕在化するかわからなくなると言うことを実感させられました。

これも一つのきっかっけで検査はすぐにすることが大事なのだと思った次第です。

検査費用はとても安いです。
たぶん2000円~3000円の間だと思います。

2011年8月18日投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]