もうじき50肩も完治しそうです!

2015年02月27日(金)

本日は50肩の診査日でした。

50肩専門の病院へ通院して早、1年と1ヶ月が経ちました。

一つ分かったこと。
それは性格により治療方法が分かります。

この1年1ヶ月の間に知った50肩治療方法ABC
1.何もしないで放って置く。
2.マッサージ、針治療で患部をほぐす。
3.肩専門の病院で治療をする。

50肩になった方は概ね上記の内のどれかを選択して治療をするようです。
上記の内、どの治療方法をとっても1~2年すれば50肩独特の痛みはいずれ無くなるようです。
しかし、痛みが無くなった時点でどれだけ以前と同じように肩が動かせるかはまるっきり違ってくるようです。

僕の場合は3の「肩専門病院で50肩専門の先生」に治療をして貰って来ました。
おもしろかったのは治療はとても単純でそして短時間で終わることでした。

先生は問診で「どうですか?」と聞き、僕は「こんな感じです」と症状を話し、そうすると先生は僕の手を取り、上に上げたり横に回したりとして、僕の肩の状況を把握します。

そして、「何しろ動かすことが一番です」と言われ、そして「ヒアルロン酸液の注射を肩に注射をする」、これを1ヶ月に1回するだけでほとんどは自分自身がどれだけ自分の肩をマッサージ出来るかで完治する時間は変わってくると言うことですね。

自分自身で行える治療方法を毎回行くたびに教えて頂き、だんだんと良くなって来ていましたが、最近は特に自覚症状でも良くなっているのを感じていた中での診査日で先生からもそのように言われました。

僕が思っている50肩の完治とは「両方の腕をクロスする形で背中に回して双方の手の指が触る」様になることが以前と同じ状態であると認識しています。

先生からは悪い方の手を後ろに回して指が肩胛骨に触るようになれば概ね完治した状態だと言われました。

僕もその内容に同感しますが、現状はこの肩胛骨に触るところまでは来ました。
しかし、まだ痛みを感じる状況です。

先生からも今日言われましたが、「後数回かな?」と言う言葉に同感の気持ちでした。
出来れば秋が終わる前には気持ちよく両腕が背中で触れるようにしたいと思った日でした。

これは最初に書いた3の治療方法である、「肩専門の病院に通院」して、先生と一緒に治していくと言うことを地道に継続させてきたからこそ出来てきたと思います。

僕の性格は何しろ「継続こそ解決の最短近道」です。

今まで色々な人に相談して【50肩とはなんぞや?】と思って自問自答してきましたが、50肩経験者の皆さんが言ったことは【気が付いたら治っていた】ですね。

でも痛みは取れても動きは悪くなったが多かったです。
しかし、このことを今日先生と話してもやはり、「ちゃんと通院して治療してくれればかなりの所まで以前と同様の状態に復帰出来る」と言うことでした。

後数ヶ月、完治まで頑張るぞ!

今一番力を入れている治療方法:
由美かおるさん仕込みの腰捻転体操?
それは立った状態で両腕を交互に回して腰に捻りを入れるラジオ体操にもあるメニューです。

これをおこなうとお腹の脇腹にある贅肉もとれるので一石二鳥です。

治療に絶対必要なこととは:
先生との絶対的な信頼関係ですね。
先生の言うことを信じられない、疑いを持つ、これらがあると治らないですね。

2009年7月30日投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]