糖尿病対策を評価する

2015年02月26日(木)

僕が初めて糖尿病と言われてから15年以上が経ちました。

その間に食事療法と言う事で毎日の食事をチェックして貰ったり、日々の食事をチェックして貰ったりして此処まで来ました。

最近はこの8年間毎月数値チェックで通院していますが、それほどの変化もなくある意味では右肩上がりでヘモグロビンA1Cは徐々に上がっている感じでした。

今年に入ってからちょっとした変化があり、先生よりビタミン、ミネラルを考慮した食事をする事を奨励され、ここに至っています。

そんな事から色々と糖尿病対策のサイトをインターネット上で検索して気が付いた事があります。

それは糖尿病対策には両極に分かれていると言う事です。

糖質制限をする事で徹底的に体の中に糖分を入れない→これに勝る治療はないと言う事で非常に効果があると事例も沢山紹介されています。

ビタミン、ミネラルの持っている栄養素をバランス良く取って健康体になり、各ビタミン、ミネラル群の役割により不純物を体から排出させると言う体を根本的に強くして行く方法とでも言うのでしょうか?

この二つの方法は食事療法と言う点では同じですが、取り組み方は正反対です。

このブログに良くコメントを頂く方は「糖質制限」で驚異的に糖尿病から健康体に改善出来たと喜んで良くコメントを書いてくれています。

僕は「ビタミン、ミネラル派」ですが、僕の食事療法は間違っているときつい事を良く言われています。

しかし僕は先生でも栄養学の権威でもないのでどちらが正しいのか分かりませんが、どちらのサイトを見ても「この方法で糖尿病にも効果があります」と言う内容の事が良く書かれています。

さてどちらを選択するか。
それはその人に合った方法と思った内容を選択していけば良いと言う無責任な結果になると思っています。

僕が「ビタミン、ミネラル」を含んだ食事をして思った事は今までにない健康な症状が現れて感動し、これはひょっとしてひょっとしたら良い事が起こるかも!と言う事から今に至っています。

「糖質制限食」にしろ、「ビタミン、ミネラル食」にしろ結果が出るには半年ぐらいはかかると言うのが世間相場のようですね。

体の組織、細胞はそう簡単には変わらない、特に長い事糖尿病でいる人はなおさらでしょう。

病院の先生、看護師の言葉を借りれば「半年はかかる」と言う事なので僕の場合、まだやっと3ヶ月ですから今月の検査でもそれほどの改善はないのでしょう。

ただ、僕が思う、糖尿病対策で効果が最もあるのは「禁酒」のようです。

今まで色々とやって数値改善があった時は禁酒をしていた時でした。
そして安心してまた飲み出すと決まって数値も上がっていました。

最近はそんな事であまり飲みたいと言う気持ちもなくなり、「これなら少しは良くなるのかなあ!」と思っている今日この頃です。

2010年4月12日投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]