年齢認識ロボットで60歳が42歳に見られました

2015年02月22日(日)

先週ビッグサイトに行ったらあるブースで年齢認識ロボットが置かれてあり、そこを通り過ぎると勝手にカメラがそれぞれの人の顔にフォーカスして実年齢を想定してくれるデモをおこなっていました。

最初は何か防犯カメラのデモかな?と思ったのですが、通り過ぎる人たちの顔の部分に年齢67歳±5歳とか書かれます。

僕も通り過ぎてモニターを見ながらなんなのだろう?と思っていたら42歳±5歳とか書かれました。
周りの人たちを見ていたらそれぞれ年相応の年齢を書いてありました。

と言う事は第3者から見て僕は42歳前後に見られていると言う事と思った訳です。

僕は実年齢60歳6ヶ月の還暦ど真ん中です。
それが18歳も若く見られると言うのは嬉しい限りです。

(2010年7月6日の写真です)

60歳過ぎていてこの様に目の下の皺、頬の皺は少ない方だと思っていますが、これも今年の初めにはもっと深い皺がありました。

しかし、このブログ内で書いてあるように僕は今年の1月よりビタミン、ミネラルの理想的摂取を考えた食事に改善する生活へと舵を切りました。

その半年後の結果が上記写真です。

概ねこの手の内容は自己診断が多く、自分では若いと思っている事が多いと思います。
しかしながら僕も寄って来る年には叶わないなと思う瞬間が増えてきていました。

その一番が床屋さんに行って髪を刈る台に座った瞬間です。
床屋さんの台に座ると自分の顔が大きく写されて隠す事が出来ません。
そう言う事で今年の1月当たりまではやはり年並みだと思っていた訳です。(思いたくはありませんでしたが・・・・・。)

あるサイトにビタミン、ミネラルの理想的摂取と新陳代謝を活発におこなうと20代の体力、見た目も夢ではないと書いてありました。

上記の食事の他にビタミン・ミネラル剤を取れば事実上完璧な食事をしたことになります。 あくまで食事に関して言えばです。 しかしもし、健康維持以上の、”体力・精力向上、若返り(20代のつるつる肌)、もしくは20代なら今以上の超人的なバイタリティ”を望むのであれば、新陳代謝(細胞の新旧入れ替わり)のスピードを上げるしか有りません(年を取るにつれて入れ替わりのスピードは落ちて行きます)。 そしてそれを唯一可能にしてくれるのが定期的な運動プラス充分な栄養摂取にあるのです。
(ビタミン、ミネラルガイドより)
http://www.sf-magazine.com/vitamin/vitamin%20info.htm 

では僕もそれに挑戦してみようと思ったのが今年の1月でした。
僕は糖尿病でもあり、糖尿病もビタミン、ミネラルの理想的摂取で克服できると同サイトに書いてありましたので更に奮起した訳です。

何でもがんじがらめに取り組むと苦しくなってきますが、この様に楽しみながらやって行くと結構楽しくなってくると勝手に思っています。

今年の1年より「還暦Year」の特別番組、スペシャルイベントとしてこの「ビタミン、ミネラルの理想的摂取、新陳代謝」をおこなって糖尿病の克服、体力、気力、知力で20代、見た目で40代、足して2で割れば30歳」を合い言葉にして一生に一度の還暦を楽しもうと思っています。

何事にも「使用前、使用後」があるように僕が今おこなっているこの事も同様と思い、まず現状を写真に残して今年の12月にもう一度同じように写真を撮ってその違いを見比べてみたいと思っています。

この次は両方の写真を貼り付ける事としましょう。

人生は楽しむ為にある!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]