糖尿病には春のめざめでなく、栄養のめざめ?

2015年02月21日(土)

「春のめざめ」とは少年少女の思春期に於ける性への変化とでも言うのでしょうか、昔この題名の映画があったことを記憶しています。

では糖尿病と「栄養へのめざめ」とは如何に?
単なるこじつけでしょうか?

これって結構見過ごしていることのようです。
僕は8年前より血糖値が高いと言うことで糖尿病の数値検査を毎月行っています。
毎月病院に行って先生と問診で食事、運動について話をしてきましたが、その内容はほとんどが摂取カロリーと最適な運動である歩行に関することでした。

ぼくもその点に注意してカロリーの高いものをなるべく食べない様にしてバランスを考えていたつもりでしたが・・・・・。

此処に落とし穴があった気が最近してきました。
それは今月の検診で先生に「最近疲れがたまっている気がする、小さい字を見ると眠くなる」と言った内容のことを言ったら「それはビタミン、ミネラル不足ですのでそれらを摂取することを考えてみたら」と言われました。

糖尿病を筆頭に生活習慣病を患っている殆どの方が食生活に対してのバランスが崩れていると思います。(ぼくも含まれています)

それに対しての効果策の一つがカロリーコントロールなのでしょうが、カロリーを気にして少なくすればヘモグロビンA1Cは減ってくるでしょうがそれと同時に体力も減ってくる訳ですね。

殆どの生活習慣病にかかっている方々は食生活、特に栄養管理についてはあまり考えて来なかった結果、今の病気に至ったのだと思います。

今回ぼくはこの栄養管理について考え直すべきと思い、インターネットで色々なサイトを見てきてその思いを強くしました。

これでは体力が無くなっても仕方がない、まして食事後に消化をする際に内臓が働いて疲れているのに補充がされていないのではないかと思いました。

ビタミン、ミネラルを十分補充してあげることで体力をつけて体全体で糖尿病に向かおうと決意した訳です。

さて、そのビタミン、ミネラルと我々の体の関係についてはこれからのブログで書き込んでいこうと思いますが、ぼくが気に入ったサイトがありますのでしょう介しておきましょう。

ビタミン、ミネラルガイド
http://www.sf-magazine.com/vitamin/vitamin%20info.htm

こちらにそれぞれの栄養素の効果、食べ物等が紹介されています。
参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]