生活習慣病には栄養のバランスが大事!

2015年02月21日(土)

糖尿病への道としてまず定期的な数値検査をすると言うことから始めて既に8年が経ちました。
幸いなことにまだそれほどヘモグロビンA1Cの数値は上がってきてはいません。
しかし努力して頑張ってみても下がることもありません。

そんなことで毎月検査をするために病院に行き、先生と話をして今月はこんな感じでした、今回はちょっと飲み過ぎていますとか話をしてどの様なことに注意をして生活をすれば良いか、どの様な食生活、運動をすることが大切かを聞いて帰ってきています。

今まで何しろヘモグロビンA1Cを下げるためにカロリーの少ない食べ物に注意をして行くことに主眼を置いてきていました。

しかし、今月の検査で先生と話をしていて気が付いたのが栄養素でした。

生活習慣病の方の殆どは食生活のバランスが取れていないと思っていますが、この点もとても大事だと思っている今月です。

元々食生活に偏ったものを食べる傾向があり、それらがカロリーの高い物と言うのが糖尿病の人たちだと思います。

ぼくもその典型です。
先生に言われることに食べ物でぼくが食べていないものを取るようにと良く言われて、その都度「ひじき、野菜、植物油」と言った普通あまり食べないものと思いますが、これらを食べると良いと言われれば食べて翌月行くと言った生活でしたが、今回考えたことはぼく自身の全体の食生活でした。

ひじきは鉄分、植物繊維、カルシウム、野菜は繊維質、カボチャはビタミンAとか単品では言われていましたが、ぼくはこれらをあまり食べない生活をしてきていました。

今回の検診ではビタミン、ミネラルを良く取ることを考えて行くと健康的になれると言う話でしたのでインターネットで調べました。

その結果、ぼくの食生活にはビタミン、ミネラルと言った栄養素が非常に少なく、偏っていることが分かりました。

1月13日よりまず、カロリーメイト、ウィーダー等のサプリメントを取り始めて見ましたが、インターネットで「ビタミン、ミネラル」を調べていくと根本的には「果物、野菜」から取るのがベストとなっているのを確認しました。

それからはインターネットで栄養に関するキーワードで検索するのが楽しくなってきました。

まさに「目から鱗」でした。

ぼくの食生活に足りない物ばかりが出てきて「これは食生活の偏りが問題だ!」と言う結果を見ることが出来ました。

次回からは各栄養素を取り上げてみたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

問い合わせはこちらからどうぞ!


[contact-form-7 404 "Not Found"]