難易度の高い加工方法→標準加工方法へのVAでコストダウン


難易度の高い加工方法を行える技能者は少ない為価格も高くなり、納期遅延を起きがちです。
これを避ける為に形状を出来るだけ標準にすることでコストダウン、納期短縮化出来る方法を紹介します。
vave_setsumei101
上記左の小ユニットは丸パイプ同士で溶接加工している物です。
この問題点を探し出してコストダウンに結びつけられる方法を紹介してみます
vave_setsumei102
上記のような要因があると言うことを知り、その対策を立ててみます。

vave_setsumei103
丸パイプ同士から角パイプを使用してのユニットではどうかと仮定して設計してみています。

vave_setsumei104
丸パイプ同士での加工が何処に問題があるかを知ることも大事です。

vave_setsumei105
丸パイプから角パイプを一部使用することでかなりのコストダウンが出来る訳ですが、これを実行出来るかどうかはデザイン的な問題も含めて考慮しなければなりません。
大切なことはデザインとコストの両方を解決していく手段を何処に持って行くかだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です