3dcadでの営業

3d-cadを営業マンとして使う時代になって来ています。

大手製造メーカー様に於いては既に常識になって来ている3d-cadを使用しての商品紹介の事ですが、これについて私見をちょこっと書かせて頂きます。

以前は技術的な内容の打合せに対しては営業マンと技術者が一緒に行動して顧客先に訪問をしていたと思いますが、最近はこの3d-cadの普及である程度の商品紹介ならば営業マンでもおこなう様になって来ていると思います。

それをサポートしているのが3d-cadであると思います。
プレゼンテーションとしての3d-cadは非常に効果的であると言う事は3d-cadを使用している方なら誰でも認めている所ですね。

ソリッドワークスであれば「e-drawing」を使えば出来上がった3d-cadを何の知識が無くても自由に3d-cadの様に操作が出来ますね。

この様に商品紹介をして行く事でお客様が望んでいる痒い所までもが簡単に納得出来るまで紹介出来ると言うのが3d-cadの魅力の一つだと思います。

更に隠れた魅力が3d-cadを見て行くと自分で機械加工、組み立てをしているかの如く、錯覚してしまう。
ですから非常に前向きな意見交換も出来る様になって行くと思います。

2次元図はワープロの報告書と同じで「出来上がってしまった完了形」であるのに対して、3d-cadは加工、組み立て途中の進行形であると解釈出来ると思います。
それ故、参加意識が高まるのではないかと思います。

この環境を旨く使用すると非常にコミニュケーションが円滑に運べる様になります。

事実、私自身も以前は組み立て図をお客様に渡す時には2次元図でしたが、今は3次元図と2次元図の両方を渡しています。

2次元図で組み立て図を見るのはある意味では設計が完了したと言う認識で渡していたと思っています。

2次元図での組み立て図を読み込むにはかなりの時間を要すると思いますが、3次元図では実際にある製品を見ている様な物ですから、相手の方の反応も全然違いますね。

気が付かなかった点への改善、形状変更等もとても明確に行えるので出来上がってからの変更でないのでコストへの影響も少なくてすむ様に思います。

営業活動を行う上で3d-cadを使うか否かで品質、納期、価格以上の差別化が出来て行くと言えると思います。

コメントを残す