仕様追加で部品が増えた場合の一体化でコストダウン


板金部品に於いて完成後に仕様追加にあり部品が増えてしまった時にその部品を既存部品に一体化させてコストアップを防ぐ手法を紹介します。
A1
上記の様にA部に対してB部品を新たに取り付ける様になった時に行うコストダウン対応の改善を紹介します。

小ロット生産品では使用が増えてくるとその分部品も増えて結果的にコストアップになるケースが多く見られます。
そう言うことを防ぐ為に常にコストダウンを心掛けていたい物です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です