板金部品で同形状、複数部品の場合に取付方工夫でコストダウン

板金部品のユニットで複数、同形状で取り付ける場合に複数のネジを使用して取り付けると組み込み工数が多くかかります。これを解消させる為に【段曲げ、インロー式】を採用してねじ数の削減化、位置決めの簡略化により組み込み工数の削減と板金加工の加工工数削減を図り大幅なコストダウンを実現する方法を紹介します。
vave_setsumei233

小ロット品の場合でも複数ヶ使用の場合にはそのメリットを活かして上記ビデオの様なことも出来ます。
【ネジの数は組み込み工数の多さに比例】する事を考えて最適設計を行えるとコストダウンに繋がると思います。

コメントを残す