3dcadのセミナーに呼ばれて講演を致します。

山口県産業振興財団で3次元モノづくりセミナーと体験学習のご案内と言うお題目で【3D-CAD/CAM/CAE活用・導入セミナー】をおこなう事となり、その事例紹介を受け持つ事になり、3月6日に山口まで行く事になりました。 セミナー紹介サイト3次元モノづくりセミナーと体験学習のご案内

元々、山口産業振興財団との付き合いは3年前から始まっているのですが、担当課長さんが我がサイトを見てその業務内容に興味を持って頂いて我が事務所まで出向いて頂いたのが全てのスタートでした。 今回は製造業の世界でも「3dcad」による設計が主流になり、山口県の製造業の方々にもこの情報を公開したいとの財団の思いがあり、私に相談がありました。 僕自身が3dcadを使っている事は財団の担当課長さんは既に知っていまして、それを更に情報として収集すると言う事で昨年末当社まで足を運んでくれました。 僕自身が思う3dcadの思い入れと僕が知っている内容を伝えましたが、その時に「山口県の回りにこの3dcadに関する内容を得る人を知っていますか?」と言われ、ソリッドワークスの代理店であり、僕がこのソリッドワークスを導入するきっかけとなった「日鐵プラント設計(株)」の担当者を紹介致しました。 それからしばらくは何もなかったのですが、先月になって「セミナーを開催するので事例紹介をして欲しい」と言われたのが顛末です。 大手製造メーカーでは既に殆どの会社で3dcadの導入はおこなっていますが、これを受注者側である我々との繋がりと言う点ではまだスタート地点にも立っていないと言うのが現実だと思います。 3dcadを単なる「デザイン・レビュー」をおこなうツールとしてだけではなく、3dcadの持っているあらゆる拡張性の高さを知る事により、日本の製造業が抱えている【品質向上、納期短縮、価格低減】を実現出来る環境が出来ると言う内容を説明出来れば良い結果となると思い、6日には精一杯プレゼンテーションをおこなってくるつもりです。 プレゼンテーション紹介内容:・新規設計品の紹介をおこなう場合の説得力を付ける3DCAD・新規設計品の商品イメージを代理店へ紹介する方法として3DCAD、イラストレーター、ポンチ絵の内、どれかを選択するように言われ、3DCADでの表示をしてお客様よりとても喜ばれました。・顧客よりの要望は3DCAD対応と強度、構造解析・大手製造メーカーよりの取引条件として3DCADを使用しての設計、強度計算が出来る事と言われました。・新提案の内容をプレゼンするには3DCADが最適・顧客よりの要望を図面に書き込んで説明する時でも3DCADが最適です。・ホームページ内にも3DCADの図面を貼り付けることが出来ますのでネット上でのプレゼンテーションも出来ます。・営業マンがプレゼンをすることにより技術者が出向かなくても顧客への紹介が容易に出来るようになります。・顧客への説得力としての2DCADと3DCADを比較・2DCAD図面を提示しても全体図を見るだけですが、3DCADで紹介をすると全体の隅々まで見てくれます。・受注者側が使える3DCADのメリット・加工時の工程が画面上で検討出来ます。・形状の確認が容易の為、見積もりも楽でスピーディー、正確に出来ます。・組み立て、分解の検証が容易で特に試作時の組み立てには2DCADと比べて格段に早くなります。・設計変更の確認作業が低減されます。・コストダウン会議への3DCADの位置付け(提案がその場で実証出来ます)・実際の装置、ユニット、部品を前にして考慮する事と同じ環境を画面上で得る事が出来ます。・画面上でどんどん新提案の意見交換が出来、その意見を図面上に表す事が簡単に行え、デザインレビューをその場で行う事が出来ます。・3DCADは覚えれば覚えるほど使用するメリットが出ます。・ 初期導入時の習得までの時間は2DCADに比較して非常にかかるので途中で諦めてしまう人が多いのですが、そこを乗り越えて勉強して覚えることで3DCADの特徴である沢山の拡張性を享受する事が出来ます。

コメントを残す