製缶加工を行う際の材料選択で最適化を図りコストダウンを行う方法


製缶加工で使用する材料はアングル、チャンネル、角パイプとありますが、その他に厚い鋼板もあります。
これがSUS材だと材料代だけでも結構な金額になることがあります。
此処を考慮して高額材料から製缶形状を考慮してコストダウンが行える方法を紹介します。
B2
それぞれの特徴を下記ビデオで紹介しています。

材料の選択で仕様を満足させることが重要ですのでコストを考えながら行う事が重要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です