M/C加工でブロック形状の重量を軽減させてコストダウンも考える

ブロック形状で重量軽減を考えると切削量が多くなり、「重量軽減は出来たけどコストアップになってしまった」となりかねません。
材料、加工方法の最適化でコストダウンを図りましょう。

重量軽減とコストダウンを形状最適化で行います
下記ビデオで紹介しています。


重量軽減で切削量を増やさずに行おうとすると材料の最適化に繋がります。
SS材、SUS材から重量軽減を考えると剛性が失われてしまうと考えがちですが、剛性もある程度保ちつつ軽減させる事が大事です。

その為に材料はアルミ材にするけど形状は最小限の切削料で考えると材料軽減&コストダウンに繋がります。

コメントを残す