VA,VEとティアダウンの違いを再考

VA,VEによるコストダウン方法とティアダウン方法によるコストダウン方法を本ブログ内で考えて行く為に本ブログタイトルを「VA,VEとティアダウンの違いによるコストダウン」と変更致しました。

下記内容を当社ホームページにも掲載して更にコストダウンに関する情報を深めていきたく思っております。

  1. VA,VEによるコストダウンには単にコストダウンだけでなく仕様に基づいた品質を維持しつつ、納期短縮を計ったりする事も含めた付加価値を創造する事が可能と考えています。
  2. ティアダウンによるコストダウンは不要な品質、形状を削除する事で無駄を無くして結果的にコストダウンに結びつけていく事と考えております。
  3. 抜本的なコストダウンをおこなうにはVA,VEにより現状を再考して行く方法には相当のコストダウン効果があります。
  4. ティアダウン(teadown)とは元々自動車、建物を取り壊す、破壊すると言う意味から発症したコストダウン方法と思っておりますが、一つ一つのコストダウン額は少なくても結果的に同等部品に対する水平展開、多数で効果が出る事、また大量生産品におけるコストダウンは大きな効果となると思っております。
  5. その点、VA,VEによるコストダウンは少量多品種品に対してより効果が大きく出る物と言う認識もあります。大量生産品であれば更に大きなコストダウン効果を生ませる事の出来る手法と認識しております。