図面に加工補助の枠を設けてコストダウン


複雑な形状の図面、材料を沢山複数種類使用する図面では加工者にとって理解するまでかなりの時間を要します。
それはすなわち加工工数に跳ね返りコストアップへとなります。
此処ではその様なコストアップ要因をなくす方法を説明します。
vave_setsumei341

vave_setsumei342

誰がこの様な項目を受けるかと言う事と思いますが、設計者は重量計算等から使用材料は概ね把握していると思います。またアイソメ図に於いても設計者と加工者が打ち合わせを行う時にもすぐに形状を理解出来るので質問事項も出やすくなると思います。設計者がこの様な余分な事と思うのでしょうが、加工者が毎回考えるより設計者が最初に一度だけ書いておいてくれた方が合理的と思いますが如何でしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です