製缶構造筐体に付属する部品の最適材料、最適工程選択でコストダウン


周囲の強度ある部品に影響なく最適形状、最適材料の選択、軽量化、加工工数削減でコストダウンを行うサンプル事例を紹介します。
vave_setsumei281
上記の様に製缶構造物へ溶接するフラットバーの形状を考慮することでコストダウンへ導く内容を各方法別に説明します。

vave_setsumei282

vave_setsumei283

vave_setsumei284

vave_setsumei285

vave_setsumei286

vave_setsumei287

製缶構造の場合、フラットバーを選択するケースが多いと思いますが、コストダウン、軽量化を考慮する場合には上記の様なコの字型板金、Z型板金形状を選択して最適化を図るとコストダウンを行う事が容易に出来る事があります。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です