ユニット内での加工工程、材料選択でコストダウン

一つのユニット内で使用されている材料を統一することはコストダウンに繋がることですが、それだけではありません。
加工工程によってはあえて加工工程を変えた方がコストダウンになることもあるので形状を見極めることが重要になります。
此処ではその様なサンプル事例を紹介します。
vave_setsumei181

vave_setsumei182

vave_setsumei183

vave_setsumei184

vave_setsumei185

この様に周りの部品が強度のある部品ばかりですと付属品も強度があった方が良いとか、加工工程を変えなくて済むので楽だとかの理由で同一材料、形状を選択するとかえってコストアップに繋がってしまいますので注意が必要です。

コメントを残す