生産数量により鋳物型よりプレート加工の方が有利な場合もあり

異形状であったり、同等ユニットで鋳型を起こしていると言った理由で鋳物にしてコストダウンをしているつもりが再検証してみるとコストアップになっていることもあります。
鋳物は数量に寄るところが多いので注意が必要です。
此処ではそんなサンプルを紹介します。
vave_setsumei151

vave_setsumei152

vave_setsumei153

vave_setsumei154

vave_setsumei155

珍しい事例ですがコストダウンを考えて行くには加工工程、工数をよく考えて決める事が大事です。

コメントを残す