類似品、同形状品の取り扱い方でコストダウン

類似品、同形状品は図面設計簡略化に大切な要素ですが、図面上にその旨を書き込んでいないケースは結構あります。
此処では図面上に表示することの大切さを書き込んでみます。
vave_setsumei131
上記のように図面に表示しておくことで加工業者にとって管理が楽になりブランク加工での在庫、材料管理も改善されコストダウンに寄与することが出来ます。

vave_setsumei132
類似品、同形状品であっても設計者が違うと図面に表示することが難しくなりますが、先に類似品の図面番号を図面上に表示しておくことで誰でも同等品、類似品の損材を知ることが出来ると思います。

vave_setsumei133
この様な行為がどのような効果があるかを知ることも大事なことと思います。

vave_setsumei134どちらの図面でも注釈があると誰でも同等品、類似品の存在を知ることが出来ます。

vave_setsumei135
大切なことは注釈の使い方にあると思います。

コメントを残す