VA、VEの取り組み方