豊島区より感謝状を頂きました。

26日、豊島区より長年のハンディキャブ事業に従事してきたとの事で感謝状を頂きました。

総勢200人ほどが参加しての感謝状贈呈式と言う内容の催しでした。
生まれて初めて感謝状と言う物を頂きました。 更に記念品まで・・・・・。
今回の感謝状を受け取られた方々は理事、評議員、町会長、民生委員児童委員、主任児童委員寄付をされた方、会長特認功労の部(在宅福祉サービス事業協力会員)、ボランティア活動団体となっています。

僕は会長特認功労の部(在宅福祉サービス事業協力会員)で「ハンディキャブ事業」に長く従事したからと言う事での感謝状を頂いた訳です。

ハンディキャブに従事して7年ほど経ちましたが、他の方々は毎月沢山の日を従事しているのですが、僕はそれに比較すると非常に少ないので何となく「プラスワン」と言う気持ちです。

しかし、このハンディキャブに従事して色々な方々と知り合い、障害者も年配者だけでなく、若い方、子供の方と色々な内容があり、我が家の母が4等級で歩けない、多少の痴保があるぐらいなら頑張らなければと思うようになり、母の介護にもとても良い刺激を頂いたのでこちらが感謝状を上げたい気持ちでした。

これからも出来ることで皆さんお役に立ちたいと思った日でした。

天国の母も喜んでくれたと思っています。

2008年5月27日投稿

コメントを残す