「座骨神経痛」カテゴリーアーカイブ

座骨神経痛との戦い

座骨神経痛を治す秘訣はあるのでしょうか?
昨年9月に突然股関節の周り、ふくらはぎの後ろ側に違和感を感じました。

僕はマラソンを趣味にしているのですが、この時の痛みで走ることが出来なくなり約2ヶ月間走りませんでした。
歩くこともかなり厳しくて、これも健康維持のため30000歩/1日を目標にしてきていましたが、この2ヶ月間は10000歩/1日となり、持病である糖尿病予備軍のバロメーターであるヘモグロビンA1Cの数値も鰻登りとなりました。

50肩の整形病棟に通院をしているので先生に症状を話したところ、それは座骨神経痛です。治すには腹筋を鍛えるしかありませんと言われました。
さて本番です。
座骨神経痛家からの痛みから逃れるには【腹筋】を鍛えるしかありませんと先生に言われ、僕はその気になりました。

今迄にも【脊髄横滑り】、【座骨神経痛】、【椎間板ヘルニア】と名前はいろいろありますがこれらの症状による腰の痛みに悩まされてきて結果的には体を鍛えていくことが最大の解決方法だと思っていましたのでこの際どこまで腹筋を鍛えられるのだろうかと言う自分自身への挑戦も含めて頑張る気になりました。

腹筋を鍛え始めたのは昨年の11月からです。
最初の内は1度に10回ほどのスローペースでした。
しかし、1ヶ月、2ヶ月と続けていく内に回数は増えてきました。

何しろ継続は力なり!の通り、1ヶ月もしないうちに1度に20回、30回と増えてきて、今では1度に40~50回、それを1日に3~4回おこない、結果的に1日に100回以上を出来る様になりました。

そうするとどうなるか?
そうです、お腹が変化してきました。
始める前は贅肉が手でつかめるほどありましたが、その掴める量は減り今では4段腹です。
近いうちにキの字が書けるぐらいにしたいと思う次第です。

更に胴回りも始める前には86cmとメタボリックに引っかかっていましたが、今では82cmほどになってきました。

とても嬉しい限りです。

では実際に座骨神経痛への効果は?

はい、これも座骨神経痛の発生以前は1日に30000歩ほど歩けていたのが座骨神経痛になってからは10000歩/1日になったと最初の方で書いていますが、腹筋運動を開始してからは30000歩/1日に復活しました。

更にまだ安全ではありませんが、ランニングの方も段々と走れる様になってきている状態です。

次回は更にお腹の周りを支えている腹筋を鍛える記事の話を書きましょう。

腹筋を鍛えて座骨神経痛とおさらば!

痛くてしょうがない座骨神経痛から解放されるには【腹筋を鍛えるしかない!】と整形の先生より言われてから一生懸命腹筋を鍛えて「ペコタン!ぺこたん!」やっていたらいつの間にか1度に50回、1日4回で合計200回も出来るようになっていました。
2月上旬のある日、新聞を読んでいたら【腰痛対策】で「背骨周辺筋力 予防の鍵」と言うお題目に目を奪われました。

新聞は読売新聞で掲載内容は下記サイトを見ていただければわかります。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/plus/20090129-OYT8T00311.htm

この記事によればお腹の前の腹筋ばかりを鍛えても腰の予防にはならず、いわゆる脇腹の腹筋を鍛える方が効果大とのこと。
早速、実行しました。

上記サイトを見ていただければわかりますが、方法は3種類。僕は特に体を横にして片腕で支える方法に興味を持ちました。
スタートしてから約1ヶ月、始める前は手で十分につかめるほどあった贅肉が今では掴む量がほとんどなくなり、かなりの筋肉がついた気持ちがしています。

さて、では座骨神経痛からは解放されたのかと言うと「まだまだです」 でも「強い筋肉はコルセットと同じ役割を果たす」と言うことには納得です。

11月から腹筋運動を始めて3ヶ月、だんだん自分の体型も変わってきてこれからが本番だと思える状態になってきました。

2月は200回、3月は300回、4月は400回と徐々に増やしていけばその内、腰が痛いと言うのを忘れている自分に気がつく日も来るのではないかと思える気持ちです。

さらに60才直近というのにこれほどの筋肉がお腹についてくると体も軽くなり、その内、ヘモグロビンA1Cの数値も驚異的に良くなるのではないかと期待しちゃっています。

※※※※※※※※※※※※※※
現在胴回りも細くなり、11月の時点で86cmであったのが今では81cmまでになっています。

目標値:76cm(これは僕が18歳の時のウェストサイズです)期待出来そう!

腰痛克服へのゴールが見えてきた!

苦節40年、椎間板ヘルニア、脊髄横滑り、ぎっくり腰、座骨神経痛と名前は違いますが皆腰回りの病気です。

僕はこれらの病気全てを経験しました。 そして今は座骨神経痛に悩まされています。

50肩の治療で通っている間に股関節を痛め、歩きづらくなり2ヶ月我慢をしてきました。
とうとう我慢出来なくなり、50肩の整形外科の先生に症状を説明したところ、「それは座骨神経痛です。治す薬、治療はありません。腹筋を鍛えて腰回りを強化することが一番の近道です。」と言われました。

病名が分かったところでやるべき事もはっきりとし、後はこつこつと腹筋を鍛えていけばその内少しは良くなるのかと思い、9ヶ月が経ちました。

やっている間は気が付きませんでしたが、最近歩く姿勢が変わってきて真っ直ぐに立っている様に見えています。

家族にもそのことを言うと確かに横から見ると背筋が伸びていると・・・・・。

それは腰の痛みも和らいでいると言うことにも繋がります。

苦節40年、今まであらゆる治療方法に飛びつき、マッサージ、針治療、電気針治療、レーザー治療、腰の引っ張り治療、吸盤治療にも通い、お金に糸目をつけずに病院、治療院へと足を運びましたが、良いのはその場だけ。

治療直後は腰が軽くなったり、痛みが取れたと喜びますが、帰る途中から痛みがぶり返し!

その内、「これではお金が底を打つ」と思い、あきらめて我慢の日々でした。

しかし、今回は「腹筋運動にしか道はない!」と言い切られてしまい、「やるっきゃない!」と思ったのが幸いしました。

最初の内はお腹が痛くなりましたが、今では1回に50回の腹筋運動を1日に3~4回行い、更に脇腹と腹筋の周りの筋肉も鍛え上げる運動を毎日おこなって来ての結果なのでとても嬉しいの一言です。

最近ではお腹も割れてきて流行の「細マッチョ」にも近づいている感じです。

来年の夏にはお腹に「草津名物、温泉まんじゅう」が6ヶ乗るぐらいの腹筋が出来ていると思っています。

これも「生活習慣」の一環です。

先日、巨人軍の高橋由伸選手が1軍に上がり、今年初めてバッターボックスに入り、僕も喜びましたが残念ながら三振でした。

その後、スポーツ新聞に「高橋、腰の手術をおこなう!」と書かれ、残念でした。

腰の痛みはその人にしか分かりませんが、現在の僕はすこぶる腰の調子が良く、高橋選手にも1日500回ぐらいの腹筋運動をしてから結論を出して貰いたかったと勝手に思っています。

9月下旬に1年に一度会う友達と再会をする予定です。

いつも会うたびに「姿勢がおかしいな」と言われてきていたので今回は胸を張って言ってあげましょう。

「どうだ、この姿勢は?」と
友達は言うでしょう、どうしたんだ?と

僕は「一生賢明毎日腹筋運動をして腰回りの3ヶの筋肉を鍛えたらこんなになってしまった」ようだ・・・・・。

腰痛対策はやっぱり腹筋運動?

腰痛を患って早41年、あらゆる治療方法を経験して結果行き着いた思いは「そこそこの痛みなら我慢しよう!」でした。

一番高い治療はレーザー治療とか言われて10年前でしたが1度の治療費10000円、約1時間かかりました。
確かに治療が終わった瞬間には腰の痛みは取れて「10000円の価値有り!」と思うのですが、家に帰るとまた痛みが出てくると言う不思議さ。
1週間続けて同じなので止めました。
「このまま続けると破産しちゃう」が結論でした。

それから10年経ち、そこそこの痛みで推移しているのですが、2年前に股関節に普通の痛みと違う感覚を覚えました。

この股関節の痛みと言うのが味噌で、痛みが我慢出来ないほどかと言うとそれほどでもない、でも痛い、更に僕の趣味がマラソンと来ていて走ると痛いが数日経つと痛みが引いてくると言ういやな感じなのですね。

2ヶ月程我慢しても変わらなかったので先生に聞いたところ、典型的な座骨神経痛ですが、治療薬はありません。
「腹筋運動で腰回りを鍛える事が一番です。」と言われて2年間、毎日50回ほど行ってきて、そのお陰でお腹は3段腹、、薄いせんべいが6ヶほど見えるようにまでなりました。
しかし、残念ながら股関節の痛みは変わらずです。

最近になって思った事、この先どうしようか?
結果、思った事は「50回」では足りないのかもしれない」と言う事で、【目標400回/1日】に設定しました。

オリンピックに出場する選手達は1日に500回腹筋運動、及びそれに関わる筋力運動をしているそうです。
400回はそこそこの数字だと思った次第です。

1度に400回は出来ないので1度に50回の腹筋を8回に分けておこなう、これなら出来るのではないかと思いました。

現在続けて5日目です。
まだ200回ほどまでしかしていませんが、お腹の腹筋は痛みを感じていないので継続出来そうです。

だんだん慣れてくれば400回は可能であろうと言う気持ちがしています。

ちなみに腹筋は鍛えて損はないものと思っています。
加齢と共に体は衰えてきてその顕著な例が筋肉でしょうから、足、腰が頑丈に維持する為にも自分の出来る事に挑戦としたところです。

では、どれぐらい継続してみますか?と言うのも大事です。
最低でも3ヶ月は続けて経過を見るべきと思っています。

今年の夏は60歳にして3段腹、温泉饅頭が6ヶお腹に乗った芸術品を見せる事が出来るかもしれません!?

坐骨神経痛の特効薬はやはり腹筋でしょう!?

腰痛を治すのはこれしかない! 腹筋、この二文字。

今まで50回腹筋運動をしていました。
でも坐骨神経痛の痛みはなくなりませんでした。
では駄目だったら更に増やす!
今、1日400回までやってみよう!と決意しました。
何しろへこたれない! 

朝、10時、昼、2時、4時、6時、8時、10時と行けば何とかなるのではないかと勝手に思い、2週間ほど経ちました。

残念ながらまだ400回/1日にはなっていません。
しかし、200回/1日にはなりました。
最初は変化がありませんでしたが、10日ほど経って変化がありました。

昨日は今までの痛みに比べたら半分以下にしか感じませんでした。
今日はもうびっくりです!

今までの痛みと比べてもう1/10ぐらいにしか感じない。
と言う事はあの神経に針を突き刺すような痛みは殆ど感じないのです。

びっくりしました。

残念ながら継続的に痛みが無くなっている訳ではなく、たまに痛んだりはしています。
しかし、先週以前と比べると本当に楽になったものだと思います。

これなら走っても良いと言う気持ちになりますね。

今までは無理に走っている気がしていました。
今度は多分相当気持ち良く走る事が出来る事でしょう。
それは記録にも表れると思っています。

このまま、継続して腹筋を鍛えて1日の腹筋量を300回、400回、500回と増やしていくとそれはパラダイスが待ち伏せていると思って良いのだろうか?

良い兆候が見れると人間は頑張れると思いますが、まさに今の僕はそのまっただ中です。
今週中に300回、今月中に400回まで出来るようにしましょう。

そしてその時、腰痛はなくなっていると期待しておきましょう。