巻爪対策、こんな所に解決策が・・・・

市民ランナーとして走っていると良く爪を剥ぐ事があります。
親指の爪の先が靴の先に当たってしまい、内出血から爪を剥いでしまうと言う事ですが、旨くはhしれる様になれば爪が剥がれる事はなくなります。しかし、ちょっと油断すると爪は内出血します。こんな事を繰り返していて気が付いたら巻爪状態になってしまいました。

巻爪の特徴が上記写真の様にかまぼこ状態になると言う事ですね。僕の場合は親指の左側に伸びた爪が食い込んでhしまい、痛くて我慢出来なかったです。
巻爪専門の形成外科病院に行って「わらをも掴む思い」で現状、治療方法があるのかと聞きました。頼りないなと思いながら現状は「爪の下に水虫がありこれを排除する事が最初です。」と言われて皮膚科に行ったら「これは水虫ではありません、しかしなにかははっきりしません」と言われてこれまた頼りない診査結果でした。再度形成外科の先生のアドバイス的治療を聞きましたので紹介しておきましょう。「巻爪は爪がかまぼこ形になってしまうのですが、頂点の部分を削ると食い込みが軽減されるとの事でやすり(爪切りにも付いています)で削っていくと食い込みが軽減されるので気長にやって下さい」と言われて、納得はしなかったのですがやる事がないので何度かやすりで削りました。そうしたら何となく今までの食い込む痛みかが無くなっている事に気が付きました。上記写真の親指の部分の縦型にあるところを削りました。その内、爪が通常の形状になるのかも知れないと期待しています
爪切りの裏側のやすりの部分を利用して削ります。