50肩+ぎっくり首?

今日は1ヶ月に一回の50肩検診日でした。

最近の50肩自己診断では結構調子良いと思っています。
それは左の悪い肩を背泳の要領で回した時に音がしなくなってきていることです。

50肩の善し悪しを見るのに肩を回した時に「コキコキ、ボキボキ」と音がしている間は良くなくて、肩の痛みが薄らいでもこの点が診断の基準になると言われていました。

毎日、ストレッチで肩の回転運動をするために色々な体操をしていますが、背泳式の時のみ音がボキボキとしていました。

それが無くなった時に僕の50肩は完治になるようです。

そんなことで今日のチェックも先生からかなり良くなってきていると言われて喜んだ物です。

さて、今日のブログではタイトルにも書いた様に「ぎっくり首」に悩まされて来た件について書きましょう。

この1週間ほどの間に首に痛みを感じる様になってきました。
特に朝起きる時にものすごい痛みを感じて立ち上がると首を曲げることが出来ず、そのままの状態で起きなければならない状態です。

本人もびっくり!

起きている間はそれほど痛みを感じないのですが・・・・・。

その事を先生に言ったら「ではレントゲンを撮ってみましょう」と言うことになり、首周りを4枚ほど撮り、先生にチェックして貰いました。

その結果、5番目、6番目の頸椎が少しずれているとのことで「マッサージ、患部を暖める(貼り薬)で治るでしょう」と言われ、少しほっとしました。

それにしても最近はあちこち痛みが出てきて「これも年のせいかな?」と思うことしきりです」

一つ一つ解決することが大事なのでしょうから、地道に治していきましょう。

2010年1月21日投稿

コメントを残す