50肩と2009年の締めくくり

50肩になって丸2年が過ぎ、2009年も終わりを告げようとしています。

去年の6月にやっと50肩専門の先生を紹介して頂いて、納得のいく治療をして頂きかなり左の肩も回る様になってきたとブログでも書いてきました。

しかし、自分ではもう全治するのも時間の問題だと思っていたのがそう簡単ではありませんでした。

自分自身としての完治とは両腕を背中でクロスさせて指同士が触る様になればそれは以前の健康状態と同じなのでOKになると言う事でした。

今では両方の腕を背中でクロスしても指は触る様になっているので良いのですが、一つ問題が残っています。

それは左の悪い肩を回すとボキボキ、ゴキゴキと音がすることなのです。
それもいわゆる背泳式に後に回すと音がする、クロールの様に前に回すと音がしないとなんだか理解しがたい状態です。

先生もこの点が気になっていて腰、首も同じでボキボキと音がするのは関節の状態が悪いと言うことなのでこれが無くなる様、更に柔軟体操に励む様に言われています。

それでこの2,3日異変がありました。
いつもの様に肩周りをストレッチしていたらいつも音がする背泳の方向に回していても音がしなくなっていました。

とても喜びましたね。
次の日も同じように音がしないことを願いながらストレッチをしたらまた音がしちゃいました。
しかし、確実に改善されているのを実感しています。
今朝もストレッチをしたらやはりボキボキの回数が減ってきていました。

今年も後3日で終わりますが、とりあえずゴールが見えそうになってきているのを実感して大晦日を迎えられる様になりました。

50肩は治療をしてもしなくても痛みが無くなるまでの時間はほぼ同じと言われています。
しかし、治療(この場合ほとんどの治療はストレッチです)を根気強く続けていくのと行かないのでは結果に大きな違いが出ると先生からも言われています。

僕も先生の言われる様に何しろストレッチが一番!と言う言葉を信じて此処まで来ました。

来年は軽い肩回しを出来る様になれると信じて明るい年にしたいと思っているところです。

50肩と糖尿病とはかなり関係しているようです。
末梢神経に血が回りにくくなることで50肩になる人が多いそうです。

一緒に糖尿病も解決して欲しい物だと思うのは都合が良すぎるでしょうか?

50肩に悩んでいる方にも来る2010年が明るい年になることを願っております。

2009年12月29日投稿