シニア待遇とは?

久しぶりに見たいと思う映画があり、映画館の場所、時間等を見ていて「料金表」に目がとまりました。

シニア(60歳以上):1000円と書いてあり、一般の方は1800円、学生は1500円となっていました。
僕は今年の1月に60歳になりましたが、あまり映画は見ないので気にしていませんでした。

さて、この【シニア(60歳以上)】と言う待遇は嬉しいやら寂しいやらなんと言うか複雑ですね。

今時、60歳はシニアではないと殆どの人が思っている事でしょう。
60歳になっても定年退職せず継続して働く人が殆どだし、見た目も殆どの人が若く見えるこの頃です。

もちろん僕も若く見える代表と思っています。

面白い物で映画館は60歳からシニアですが、庭園(例えば六義園)の入場料は65歳からシニアとなっています。

我が家でその話をしたら通常、65歳ぐらいになるとちょこっとがたが来るとの事でした(我が親父殿の見解です)

そんな事を感じた今日でした。
でも段々と年齢の事を意識させられる事がこれから多く体験する事でしょう。
そしてその都度考えさせられて、段々と年を意識し、老けていくのかな?と思う次第です。

2010年4月17日投稿

コメントを残す