戻る

加工方法

メニュー
製作数による加工工法を考える
製作数が増えればロスト化、鋳物化を考えてコストダウンに導ける訳ですが、どの程度の数量が分岐点になるかですね。
鋳物化の利点は異形状、複数部品の一体化でコストダウンに結びつける事がメリットですが、その為には鋳型、冶工具が必要ななってきます。また冶工具を取り付ける為に必要な段取り時間も考慮する必要があるでしょう。
製品の安定化、リピート生産で鋳物化を行っても実際はその数量が足りないとかえって以前の方が安く製作出来ていたとなる事もあります。
盲目的にロスト化、鋳物化がコストダウンでは無いと知る事も必要と考えています。
私の経験でもアルミ鋳物で製作していた箱形ブロックをプレート材で分割形にしたところ半額近くコストダウンが出来た実例があります。

当社へ電話
このURLをメールで送る

メールでの問い合わせはこちら迄

ホーム

PAGE TOP

Copyright (c) Funaks Engineering.2013.