戻る

VA,VEとティアダウン

メニュー
C/D手法の代表の2種類ですがその違いとは?
コストダウンを推進する上で良く聞く言葉で「ティアダウン」と「VA、VE」があります。
「VA、VE」とは価値解析、価値工学(価値設計)と訳されています。
「VA、VE」についてはこのホームページのテーマにもなっていますので色々なキーワードから知る事が出来ると思います。
では「ティアダウン」とはどの様な事なのでしょうか?
これは英語ですが「tear down」と書かれています。
通常の世界では名詞句として「涙」と訳されていますが、此処では動詞句として「取り壊す」と言うように訳されています。
簡単に説明しますと子供時代に男の子達が海に行って砂浜に砂で山を築いたとします。その山を二人で少しずつ取り壊していく遊びがありますね?
「最終的に山が殆ど無くなって行き、その山を崩した方が負け」と言う遊びです。
この様に「安全な内は削り取って行ってもその機械、部品の機能は問題ない」と言う限界まで品質(公差、指示寸法)、形状を落としていく方法と解釈すると良いのではないかと解釈しています。
基本的には量産品に対して効果を発揮するコストダウン方法と思います。

当社へ電話
このURLをメールで送る

メールでの問い合わせはこちら迄

ホーム

PAGE TOP

Copyright (c) Funaks Engineering.2013.