戻る

工程最適化

メニュー
材料の長さで手離れの良い加工方法へ
MC加工から旋盤加工へ
上記ユニットでは長いフラットバーの部品を穴開け、フライス加工して双方のユニットにネジ止めしていますが、長い材料をセットするのは段取りに時間がかかり、更に両端を加工する為に再セットするとまた段取り時間がかかる事になります。
この様な時に丸棒で同等の役割が行える形状にすると大幅なコストダウンが計れます。
MC加工から板金加工へ
左側のユニットではMC加工の部品で構成されていますが、右側のユニットでは同等仕様を板金加工ユニットでまかなっています。
板金加工の良い点である強度補強用の曲げ加工を旨く取り入れて大幅な加工工数削減(大幅なコストダウン)が計れます。

当社へ電話
友達にメールで教える

メールでの問い合わせはこちら迄

ホーム

PAGE TOP

Copyright (c) Funaks Engineering.2013.