戻る

板金補強

メニュー
折り曲げ加工で強度補強
板厚統一で強度は曲げ加工で
板金部品の場合、強度を保つ為に板厚に頼る事が多いと思います。そうすると色々なケースが考えられて材質、板厚がどんどん増えて行き、材料管理も大変になります。そこで極力同じ板厚の材料を使って強度は用途に応じて上記の様に曲げ加工を考慮する事も大事と思います。
この方法のメリットはタレパン、レーザー加工で一度の段取りでブランク切断加工が出来るので加工工数の削減、納期の短縮化も出来るところにあります。

当社へ電話
友達にメールで教える

メールでの問い合わせはこちら迄

ホーム

PAGE TOP

Copyright (c) Funaks Engineering.2013.