戻る

部品削減

メニュー
M/C加工から板金加工へ
M/C→板金加工
ベースとプレートの組み合わせ
良くあるメインベースと組み合わせるプレートを同材料でネジで組み合わせるタイプです。ベースに立てるプレートでそれほど強度を要さない場合には板金曲げ、強度増しの為にリブを入れる事で軽量化、コストダウンが計れる事があります。
板金曲げ一体化
板金部品の曲げ部の補強
右側では角板金部品は独立していて丸印のL形部品をM/C加工で取り付けて強度を補強しています。
左側では改善型で角板金部品を一体化して曲げ加工にしています。丸印部分では曲げだけでは強度が不足しているのでリブを入れて倒れに対応しています。

当社へ電話
友達にメールで教える

メールでの問い合わせはこちら迄

ホーム

PAGE TOP

Copyright (c) Funaks Engineering.2013.