戻る

C/D事例集

メニュー
手作業工程削減化
製缶加工と板金加工での工数比較
上記の形状サンプルでアングル形状と板金形状で同じ部品が出来ますが、問題は強度、剛性と言った点です。この点をクリア出来たとしてその後の工数比較をしてみます。
アングルですと4つの部品を溶接となり、板金ですと形状を考慮して2つの部品を溶接となります。その分溶接後のサンダーでの仕上げ工程の工数は板金に軍配が上がります。
また、取り付け用の穴、タップ下穴等の加工は刑鋼材の場合、溶接加工後に行う事が多いと思いますが、板金加工の場合は材料のブランクか工事に同時に行う事が出来ます。
この様な事を考えると強度、剛性の仕様が許せば板金形状の方が大幅な工数削減が計れてコストダウンに貢献出来ると思われます。
PC、タブレット、iPad、スマートフォンで見る
下記アイコンクリックでサンプル紹介(U TUBE)



当VA、VEアドバンス版事例集を販売しております。
価格:10800円(消費税込み) 振込手数料はお客様の負担でお願いします。
当VA、VEのコストダウン事例有料版への問い合わせは下記電話番号、アドレスへお願い致します。
電話番号:08035271950
メールアドレス:info123@funaks.co.jp
コストダウン実績集電子カタログ申し込み手順

申し込み
申し込みフォーマットへの書き込み依頼、確認後、【確認画面へ進む】をクリック

内容確認
申し込みフォーマットへの書き込み内容を再確認後、【送信】をクリックで送信完了。

申し込みメールの確認
当社より自動返信で申し込み内容の確認メールが送信されます。内容の確認をお願いします。

申し込みメールの受信
電子カタログ代金振り込み先の銀行名、口座番号をお知らせ致しますので確認後該当金額の振り込みをお願いします。

振り込み内容の確認
当社よりのメールに書かれた振込金額、指定銀行口座を確認して下さい。

振り込み内容の送信
当社で振り込み金額の確認後、お客様のメール宛てに電子カタログを圧縮ファイルで送信致します。
注意事項
当社より送信します圧縮ファイルはパソコンのみで解凍が出来ます。お客様に於いてパソコンの準備をお願いいたします。

当社へ電話
このURLをメールで送る

メールでの問い合わせはこちら迄

ホーム

PAGE TOP

Copyright (c) Funaks Engineering.2013.